悠学舎

思考力も記述力も、
新しい視点に基づく指導方法なら
着実に育成できます。

子供たちにとって獲得するのが最も難しい力が思考力であり記述力です。たしかに一般の塾に特有な「教え込む」方法では限界があることは明らかです。でも、それを養成する方法は存在するというのが悠学舎の考え方です。悠学舎が実践してきた、またこれから取り組んでいく、新たな学習方法をご紹介します。

もっと詳しく

文部科学省の次期指導要領は「アクティブ・ラーニングの視点から学習過程を質的に改善する」ことを目指すのであって、知識重視か思考力重視かという二項対立的な議論に終止符を打つと宣言しています。アクティブ・ラーニングの視点とは①主体的な学び②対話的な学び③深い学びと説明されています。つまり、アクティブ・ラーニングというのは学習方法というよりも、学習者がどのような姿勢で、誰からまたは何から、どのような深さまで学ぶのかという「学ぶ」という行為の再定義であると述べています。ともすれば、教具などが先行的に取りざたされていますが、本質は今までの学習過程の180度の転換なのです。「先生から授業で教わってそれを理解し覚える」という受動的な学習過程から「仲間や書物から(もちろん先生からでもかまいません)主体的に学びとりそれを活用することによりさらに理解を深める」という積極的な姿勢への転換こそがアクティブ・ラーニングなのです。

悠学舎では、すでに2012年度から、もっとも子供たちが苦手とする作文・小論文の授業において、アクティブ・ラーニングの一種である「ジグソー法」を取り入れて大きな成果をあげてきました。これからは、思考力を必要とする数学の難問の授業を「反転授業」を取り入れていく準備をしています。どんな方法で授業をするか、ということが問題なのではなく、いかに子供達自らが学んでいくかが重要なのだ、という「アクティブ・ラーニングの視点」を踏まえ、従来の講義形式の授業も今まで以上に充実させて思考力・判断力を養成していきます。

1

数学学習方法

反転授業と思考力養成カリキュラムで
難関・上位校への数学力を完成します。

悠学舎は、難関校を目指した数学の学習に「反転学習」をはじめとする思考力養成の独特のプログラムを取り入れています。数学ほど主体的な学習態度が、学力と直結する教科はありません。まだ習っていない新たな課題に興味を持ち、難しい問題に進んで取り組む姿勢が思考力養成のカギです。教材や授業方法に工夫を凝らし、丁寧にひとり一人の子どもの可能性を見ていくことにより、難問への対応力を培います。

もっと詳しく

悠学舎では、数学の授業目標を「計算技能・知識」などの基礎・基本の徹底と「応用力・思考力」などの能力の養成に大きく分けています。

基礎・基本の徹底 計算などの基礎を徹底するために、次の授業で学習する内容をあらかじめ教科書を使って予習してくることを宿題として課します。授業では逆に、調べてきた内容の演習を中心とする方法をとっています。これは、与えられるだけの数学から、自ら調べ、学び取る数学へと姿勢を変えていくこと、そのことにより確かな数学力を身に付けていくことを目的としています。もちろん、宿題は誰にでも予習できる内容に限定し、かつ授業内で先生がみんなの調べてきたことをまとめるなどの保証措置を施した上で「主体的学習」の姿勢を作り出せるように注意深く取り組んでいます。

応用力・思考力の養成 各学年の教科書では、応用力・思考力という課題が学習単元ごとに取り上げられ、入試でも必ずこの部分から出題されます。この水準の問題に歯が立つようにすることが、上位校の合格を勝ち取る必須条件といえるでしょう。悠学舎では、応用力・思考力養成のための独自テキストを作成してこの課題に本格的に取り組みます。また、難しい内容に積極的に取り組めるように、グループで話し合い、解き方に気付いた人は他のメンバーに教えるといった方法もとっています。

α(アルファ)数学について 都立の自校作成問題や埼玉県立の学校選択問題の難度に対応できるように、中2・3のαクラスでは、教科書水準を超えた高度な内容に取り組んでいます。中3ではそのための時間を70分確保し、じっくりと超難問を解く力を養成していきます。

2

英語学習方法

中2の2学期で英検準2級を目指し、
無料英検対策授業も実施します。

中2の2学期に英検準2級を取得するのは易しくはありませんが、計画的に努力していけば、不可能ではありません。最終的には中3での英検2級取得、高3からのTEAP受験を目標にして、意欲的な英語学習に子供たちを導き、そのことを利用してバランスのよい英語力を育みます。

もっと詳しく

悠学舎では、クラスによって異なりますが、中1の1学期に5級、2学期に4級、中2の1学期に3級、2学期に準2級取得というステップを目標に英検指導を行っています。また今年度より、高3の1学期からTEAP対策も取り入れます。もちろん、そのために必要な語彙・文法事項も、教科書の学年配当にとらわれることなく指導していきます。例えば、中2αクラスは、2月の新学期(このとき学校では1年3学期)から中2の6月での英検3級取得に向けて、必要な文法事項と、語彙の授業が行われます。またライティングの指導も恒常的に行われます。6月の3級のテストに備え、4月末から語彙の定着と過去問演習が行われます。3級のテストが終わるとすぐに、10月の準2級のテストに向けて、3級のときと同様な準備が開始されるのです。ここで、準2級に合格した場合には、3年1学期の2級取得に向けての準備を始めます。もちろん2級は中学生にとってかなりハードルが高いので、3年1学期での取得は大変ですが、2年生から頑張れば、中学生の間に取得することも充分可能です。その他、すべての級およびTEAPを対象とした、授業外の時間も使っての無料の英検対策授業が、約2か月間実施されます。さらに、3級以上では、1次試験合格者に対してスピーキングテストの対策も個別に実施します。

3

国語学習方法

文章を書く力は適切な訓練で着実に伸ばせます。

文章表現力の育成は難しいと考えられていますが、悠学舎の国語の授業では、毎月1回のペースで作文・小論文の授業を行います。この授業はジグソー法と呼ばれる協調学習で、みんなで課題を検討して作品を仕上げます。だから、文章を書くことが苦手な子供でもはじめの一歩を踏み出せます。

もっと詳しく

作文・小論文授業の実際をご紹介します。

◎中学生8月の作文課題は「『水』という題名で300字以内の作文を書きなさい」です。
◎授業参加者は Aさん・Bさん・C君・D君・E君・Fさん・G君・Hさん・I君 の9名とします。
◎まずエキスパート活動を3つのグループに分かれて行います。

Aさん・Bさん・C君のグループは「水は地球環境とどのようなかかわりがあるだろうか」、
D君・E君・Fさんのグループは「水の危険性または水による災害にはどんなものがあるだろうか」、
G君・Hさん・I君のグループは「水は私たちの生活にどのように利用されているだろうか」
というテーマでそれぞれ話し合います。

◎エキスパート活動の結果をまとめたものを持って今度はジグソー活動に移ります。

1班はAさん・D君・G君、
2班はBさん・E君・Hさん、
3班はC君・Fさん・I君からなっています。

それぞれの班では、異なった情報を持った3人が、
リーダー(司会進行)、ライター(下書き)、リサイター(発表)の役割を務めて、
作品を完成させ、発表します。

◎個々人は、3つの班の作品発表を聞いた上で自分独自の作品を完成させ提出します。
◎提出された作文は「日本作文指導協会」に送って、誤字・脱字や文法の乱れなどを丁寧に添削し、
A~Eの評価を付けて返却されます。

4

理科・社会学習方法

入試合格を左右する理科・社会の
本格的な授業を行っています。

とかく軽視されがちな理科・社会は、都立・埼玉県立上位校の合格を大きく左右します。とくに、都立の自校作成問題や、埼玉県立の学校選択問題は、難度が高いためかえって点差が開きません。それに対して、共通問題が出題される理科・社会で高得点(都立難関校で8割以上、埼玉県立高校で7割以上)が必要とされるのです。悠学舎ではこの実情を踏まえ、理科・社会の学力形成に力を入れています。

もっと詳しく

悠学舎の理科・社会の授業は、中2の2月から始まります。選択制ですが、ほとんどの諸君が受講します。問題演習だけでなく、きちんとした講義を行います。理科も社会も2年の3学期から「電気」や「近代の歴史」などの重要単元に入るからです。1学期は、3年生の学習単元を学校より早いペースで授業を行い、中間・期末テスト前には、対策授業をしっかりと時間をかけて行います。悠学舎の理科・社会指導の特長は、夏期講習会の理科・社会授業の充実です。全24日間かけて1・2年生の内容の復習を行い、2学期から全員が受ける北辰テストやV模擬などの会場テストで偏差値が取れるように指導します。2学期は、1学期同様、学校の中間・期末テストの対策に力を入れるとともに、会場テスト対策+入試実戦演習も開始します。冬期講習でも多くの時間をかけて実戦的な問題を行い、1・2月の直前期には、予想問題の演習を行い、毎年「よくあたる」と好評を得ています。

このように、悠学舎では、とかく片手間に指導されることの多い理科と社会の本格的な指導態勢を組んでいます。これが、高い入試得点力の秘訣です。

資料請求&申し込みはこちら TEL:042-476-2131

ページの先頭に戻る